ふぐ鍋最高!ラジオ通販で「ふぐ鍋セット」を注文してみました。

年末年始の期間を海外旅行に行く人も多いのではないでしょうか?今は海外旅行も気軽に行けるようになったといっても、やはり年末年始は高いですよね。

近頃はグアムにしても香港でも、言葉には不自由しなくなりました。それでもトラブルがあった時には、伝えにくいものです。そんな心配を解決するのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻訳機なんです!日本の民間ラジオ放送局のほとんどは、放送網の組織に加盟してAMはジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。加えて、民放の全FM局が参加している全国FM連合があります。全国FM連合があります。

とはいえ、全国FM連合、JFLとMegaNetに関しては、同じ放送網としての関係は密ではありません。
一部番組を販売することや、情報の交換、不定期での共同でのキャンペーン実施だけとなります。

ラジオショッピングでよく流れているダイソンが人気の秘密はまず、充電式=コードレスであることの使い勝手の良さではないでしょうか。

収納からお掃除するときも立ったままの姿勢で出来るのがダイソンです。

充電式・パワフル!そんなところが良いんで!絨毯に入り込んだゴミや髪の毛も簡単に取り除きます。

さらにはフローリングの微細なホコリでも、その綺麗さには驚きです!ダイソン掃除機の中には、お部屋の空気よりもきれいな空気を排出するモデルに進化しているんですね。
国産の天然ふぐだけの「ふぐ鍋セット」というのが今日、ラジオ通販番組でやっていました。

ふぐの女王「真ふぐ」は日本海で獲れた天然物のふぐなんですね。天然のふぐなので身もプリップリ。そのうえ、奥深くて上品な旨みが最高です。ふぐ鍋のふぐには良いですね!この週末は「国産天然ふぐ鍋」が楽しみです。通販会社がラジオショッピングを行う利点は、テレビショッピングと比べ、購入者も「ラジオを聴いて自分のイメージで注文したから、ある程度違うこともある」と承諾しているのか、商品を受け取った時に、「思っていたものと違う」などというようなトラブルも少なくテレビショッピングより返品に至ることは少ないといわれています。

ラジオショッピングを行っている企業としても、テレビ放送と比べると少ない予算で行える長所があることから、大企業をはじめ地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。

ラジオショッピングというのは、ラジオ番組内で放送されるショッピング番組をいい、通販の一つです。日本国内においては、民放ラジオ局の番組中に挿入されたり、独立した番組として放送されるショッピング番組のことです。
こんなラジオショッピングは文化放送の関連会社が昭和48年に初めて放送されました。

職場での休憩時間の話です。

同僚のWさんがFM横浜のラジオショッピングでドライブレコーダーを買ったという話を聞きました。

私も休日は家でFM放送をつけていてこのドライブレコーダーを紹介していたのは知っていました。

買ってみようかな?って思ったことを思い出しました。私の車にも付けられるのか?がわかりませんでした。Wさんの車にも合って付けるのも簡単だった!ドライブレコーダーって良いですよと言っていたので次にまたFMで聴いたときには買おうと思いました。

「ラジオ広告」と聞いて、どうイメージしますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオ通販をやっていたということもあるでしょう。民放のAMやFMでは、番組中に何度かテレビのようにコマーシャルも流れていますよね。ラジオ広告にはそれ以外にも、プログラムとして商品を紹介したりすることもあります。番組のパーソナリティ・出演者によって、「今月のおすすめ商品は人気の○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」のように商品を紹介しています。

あるときは、広告主企業の担当者へのインタビューも交えて、商品の魅力を引き出していきます。
現在ではインターネットの通販やテレビ通販で、日用品から電化製品などを買う人が多いです。

このほかにも「ラジオ通販」もあります。

ラジオはめったに聴かないという人が増えているかもしれませんが、通販でお得な商品を買いたい人なら、民放ラジオのラジオ通販という手もありますよ。ラジオの通販では、ラジオを聴くだけですから、とても想像しやすく商品の説明や効果を紹介してくれます。
ダイレクトに魅力が伝わり、欲しいものが見つかりやすいです。通勤や通学のちょっとした時間を使って買い物ができてしまうわけですから、時間を無駄にせず買い物できることも魅力です。

ラジオリスナーの年齢層は?サラリーマンにとってはなじみがないのではないでしょうか。まず、ラジオを聴く人の男女比は半分ずつなんです。

やはり若い世代より50代以上の年齢層の人ほど、ラジオを聴く人が多くなります。
また、地方に暮らしている人が多いのもラジオの特徴です。日常的にラジオを聴く習慣のある方の割合では、東北や九州などの地方の都道府県は高くなります。

地方在住でない人にはピンとこないでしょうが、ラジオを日常的に聴く人が一定数いるんですね。ラジオ通販番組は昭和の時代から流れている通信販売のやり方です。
主に商品の紹介は、ラジオ番組内で行われます。

ラジオショッピングでの商品の紹介にかける時間はごくわずかです。ラジオパーソナリティの言葉や話し方によって商品の印象が違ってきます。そのためラジオショッピングは、実際の商品を見て注文したい人には向いていません。

ですが、注文した人の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文したという人もいます。この前、ラジオショッピングで一押しで紹介されていたのは、紀州の南高梅「ハチミツ梅」でした。和歌山の梅農家さんが太鼓判を押すほど、味はもちろん、食感から品質において間違いない上質な「ハチミツ梅」のようです。L~4Lサイズの大粒の梅を選んでじっくり漬け込みました。南高梅の特徴はズバリ「爽やかさ」のようです。

柔らかい果肉に程よい甘酸っぱさは、身体もシャキッ!もう、病みつきになる味わいのようです。
12月になると、おせち料理の予約をしなければなりません。ラジオショッピングのコーナーでもおせちのCMをよく聴きます。

私も毎年ラジオ通販のおせちを注文します。
芸能人が宣伝しているおせちは、中身もあまり変わりません。

だからでしょうか、おせち以外の特典で差別化を図っています。

初めの頃のラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピングが一般的でしたが、2006年以降は業界の広告収入の減少のため、現在では、広告主通販が多くなっています。ラジオショッピングは、ラジオ局自体あるいはグループ企業により行われるものと外部の通販会社などが、自社製品を販売するスポンサー通販に分かれます。ラジオショッピングでは媒体の特性上、印刷物やテレビとは違うので、商品を目で見ることができません。そこで、販売元あるいは商品のメーカーの信頼性や顧客対応の評判がラジオショッピングを選ぶポイントです。

通信販売という業態は、実店舗を持たない販売方法の一つです。実際の店舗ではなく、メディアを使って商品やサービスをそれぞれの通信手段で注文を受けることです。

インターネット端末の普及によって通信販売の意味は、ウェブサイトによるものをさすことがあります。

昨今の通信販売業者は、無店舗業者だけでなく多種多様です。

ラジオ通販で購入のドライブレコーダー。

やっと手元に届きました。午前中の配達ということで、朝からワクワクして待っていましたが、ヤマトの配達のお兄さんが来たのがちょうど12時でした。
まぁ、12時ちょっと前も12時も午前中ですね。受取のサインをして商品を手にしました。

次の日曜日に主人に取付してもらいます。もっと早くに到着していたら、美容室の予約をして行こうと思っていたのに、お昼の時間も過ぎました。
ラジオ通販で購入のドライブレコーダー。昨日、やっと到着しました。
配達時間の指定を午前中にしていたため、朝から心待ちにしていましたが、佐川のドライバーさんが来たのはお昼の12時前でした。まぁ、12時ちょっと前も12時も午前中ですね。伝票にサインして荷物を受け取りました。

明日にでも、車に付けようと思います。

ラジオショッピングの特徴として、ラジオ局自身またはグループ企業によって行うラジオショッピングは、商品構成にその局独自の色を出しているが、どの局もジャンルは手広く扱っています。事例として、PCやデジタルカメラ、エアコン、空気清浄機など大小の電化製品から、貴金属や産地直送品、果ては、トイレのリフォーム請負も取り扱われたりします。そのようなラジオショッピングのほとんどはスポンサー通販となっています。スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。我が家ではめったにエアコンはつけませんが、気温・湿度とも高い日となると、つけざるを得ません。

ただ、エアコンの電気代が高いのが心配です。

ラジオショッピングの説明によると、年々、エアコンは省エネになっているようで、新しいエアコンは1時間つけっぱなしで2円ほどの電気代です。ラジオ通販のエアコンに買替えするつもりです。快適生活ラジオショッピングニッポン放送で紹介された商品