ラジオ通販で注文したドライブレコーダーが届きました。

「ラジオ広告」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?民放ラジオを聞いたことがあるなら、ラジオで通販番組が放送されているのは知っていますよねよね。AM・FMに関係なく、番組を聴いているとその合間にはテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。

あとラジオ広告の中には、プログラム(物事の進行順序や組み合わせのことをこう呼ぶこともあります)として商品を紹介したりすることもあります。その番組のパーソナリティや出演者が、「最近流行っているのは○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」のように商品を紹介していますよね。

時には広告主の企業のその商品担当者も出演したりと、訴求性の高くなるような内容になっていますよね。ラジオショッピングの特徴は、ラジオ局及びグループ企業が行うラジオショッピングは、紹介する商品にはその局ならではの特徴があるが、商品ジャンルは多岐にわたります。実例としてはパソコンやデジタルカメラ、加湿器、エアコン(標準の取り付け込み)のように大小の電化製品から、貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、挙句、仏壇からお手洗いリフォーム請負の取扱っていますよね。
今やそんなラジオショッピングの殆どはスポンサー通販が占めていますよね。

スポンサー通販においても、家電・精密専門主体の通販会社と、美容・健康関連の商品が主体の通販会社があります。ほぼ日本の民間ラジオ局は、放送網の組織に加盟してラジオネットワークを形成していますよね。AM放送はジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガロポリス・エフエム・ネットワークです。

更に、NHK-FM放送と放送大学を除く全国FM連合があります。
ですが、JFLとMegaNet、全国FM連合は他の放送網と比べ、ネットワークとしての関係はさほど深くはありません。

情報の交換に番組の一部販売、定期的ではない合同キャンペーンなどに留まります。

我が家ではめったにエアコンはつけませんが、指すがに真夏日がつづくと、つけるしかないですね。

でも、エアコンの電気代を考えると躊躇してしまうでしょうよね。ラジオで聴いたのですが、年々、エアコンは省エネになっているようで、電気代は1時間で約2円ほどなんですね。

ラジオショッピングにエアコンにさっそく買い替えしました。ラジオショッピングというのは、ラジオ放送で放送されるショッピングプログラム(物事の進行順序や組み合わせのことをこう呼ぶこともあります)のことで、通信販売の一形態となるはずです。

日本においては、民放ラジオ局の長時間番組中に流されたり、別の番組として放送されるショッピング番組です。このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社・文化放送開発センターが1973年(昭和48年)に開始したことが初まりです。

通販会社がラジオショッピングを行う利点は、テレビショッピングと比べ、注文者も「商品を見て注文したわけではないから程度差はあれ違うことはあり得る」と納得をしているのか、商品が到着した時に、「思っていたものと違う」などといったトラブルは少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。

ラジオショッピングを放送する通販企業も、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできる長所があることから、大企業を初め地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。通信販売というのは、小売業において無店舗販売の一つです。実際の店舗ではなくて、媒体を使って物品を通信手段で注文をうけることです。今ではネット端末の普及にともない「通信販売」はウェブ販売によるものを指すことがあります。今の通販業者は、無店舗業者だけでなく多種多様です。
ラジオ通販で注文したドライブレコーダー。

おととい、やっと到着しました。

配達時間の指定を午前中にしていたため、アサイチ番から心待ちにしていたのですが、佐川急便のドライバーが来たのが正午前でした。

まぁ、12時ちょっと前も12時も午前中ですね。

無事にドライブレコーダーを受取りました。

まずは中身を確認。

今から車に取り付けます。アサイチ番で来てくれていたら、友達とランチに行こうと思っていたのに、中途はんぱな時間になりました。
今の時代、ラジオを聴いているのはどんな人?ラジオというと会社勤めに人にはあまりなじみがないですね。

男女比で半々の人がラジオを聴いていますよね。
50代、60代、70代以上と年齢が上がるにつれて、ラジオを聴いている方の割合が高くなるはずです。
それと、都市部より地方に住んでいるリスナーの方が多くなるはずです。

ラジオを聞くのが習慣になっている方の割合では、上位に、いわゆる地方と分類される都道府県が入ります。
地方住みでない都会の人には想像しにくいと思いますよねが、日常的にラジオを聞く層が今も存在していますよね。

ラジオショッピング開始当初は、ラジオ局またはグループ企業により流されるラジオショッピングが主流でしたが、ラジオ業界の広告収入の減少により、現在はスポンサー通販が増えてきていますよね。
ラジオショッピングにおいては、民放のラジオ局あるいはそのグループ企業が放送するものと外部の企業により、自社製品を販売するスポンサー通販に分かれます。

ラジオショッピングは昭和から始まった通信販売の一つです。
商品紹介の殆どは、ラジオパーソナリティが行いますよね。

ラジオショッピングの時間内におすすめ商品として紹介されます。

ラジオパーソナリティの言葉や話し方によって商品の印象が操作される可能性もあります。

ですのでラジオ通販においては、商品を確認して買いたい人には不むきです。

ただ、購入者の中には、ラジオパーソナリティなどが商品の紹介を行うことによって親しみやすさなどを感じる方もいますよね。
年末年始の期間を海外旅行に行くという人もいますのでは無いでしょうか?今の時代のハワイ旅行は気軽に行けるようになっ立といっても、繁忙期は高いです。最近はハワイにしても、香港でも、外国語が話せなくても不自由はないのでは無いでしょうか。

でも、もっと詳しい事なんかは、伝えにくいものです。そんな不安を解消するのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻訳機なんです!本日ではネットの通販やテレビの通販で、様々な商品を購入する人が増えていますよね。他に「ラジオ通販」もあります。ラジオを聞くことは最近ではないという人もいるようですが、通販好きな人なら、民放ラジオのラジオ通販という手もありますよ。ラジオショッピングなら聴いているだけなので、手に取るようにイメージがわきその商品を手に取るようにわかります。
ダイレクトに魅力が伝わるんですね。仕事や家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、会社員でも主婦でも学生でも、すきま時間を使ってお買い物できますね。
ラジオ通販ではメディアの特質上、画像や印刷物と違い、商品を目で見ることができません。そこで、販売元あるいは商品のメーカーの信用力や対応がラジオ通販では大事なことです。

12月も中半を過ぎると、おせち料理の予約をしなければなりません。ラジオの通販コーナーでもおせちの紹介が多くなるはずです。

家では毎年ラジオ通販で紹介されたおせちをネットで注文します。

有名どころのおせちは、ちょっと洒落たものが入ってますね。だからでしょうか、特典を付けてつけることで他社との区別をしようとしていますよね。快適生活ラジオショッピングZIP-FMオンエアー商品